よく当たる宝くじ売り場には秘密があった!

よく当たる宝くじ売り場とは、東京の西銀座チャンスセンター、大阪の大阪駅前第4ビル特設売場など、ドリームジャンボ、サマージャンボ、年末ジャンボで常に高額当選を出している売り場のことだ。

宝くじの当選番号は厳正な抽選の結果によって決められるのに、毎回、高額当選者を出す宝くじ売り場が、「販売枚数が多い」や「運がいい」というだけでは納得がいかないので調べてみた。

宝くじの発行枚数と販売金額を計算する

7月18日発売のサマージャンボ宝くじ2017の場合

等級 当選金額 本数
1等 500,000,000円 20本
1等の前後賞 100,000,000円 40本
1等の組違い賞 100,000円 1,980本
2等 10,000,000円 60本
3等 3,000円 2,000,000本
4等 300円 20,000,000本
夏祭り賞 50,000円 40000本

宝くじの番号は、100,000番から199,999番まで10万種類
宝くじの組は、01組から100組までの100種類

10万番×100組=1,000万枚

今回のサマージャンボの1等は20本

つまり同じ組、同じ番号の当選番号が20枚存在することになるので

1,000万枚×20=宝くじ枚数は2億枚

2億枚×300円=宝くじの販売金額は600億円

宝くじの販売実績を調べてみる

サマージャンボ(第663回全国自治宝くじ)の場合

地域 全国の売上 東京都の売上
販売実績 600億円 100億円

西銀座チャンスセンターはシェア率が30%程度あるらしいので30億円の販売実績とする。

30億円=1000万枚

1000万枚=1ユニット(すべての組、番号が入っている)

まとめてみよう

  • 1ユニット(1000万枚)に1等は1枚必ず入っている

  • 西銀座チャンスセンターは30億円(1ユニット)販売している

  • 西銀座チャンスセンターから必ず1等が出る!!

結論

東京の西銀座チャンスセンター、大阪の大阪駅前第4ビル特設売場から1等や前後賞が出るのは、1ユニット販売できる販売力があるから。

おまけ

東京の西銀座チャンスセンターで必ず1等・前後賞が入っているのは分かったけど、遠くて買いに行けないって人には、宝くじ購入代行サービスがオススメです。
今年に入って購入代行枚数が100万枚を突破した
ドリームウェイ
では4つのサービスがあります。

①購入枚数の指定

10枚単位で連番、バラを好きなように組み合わせての購入が可能です。

②購入日の指定

初日~最終日までの各大安日の購入日指定が可能です。

③購入窓口の指定

1~7番窓口の購入窓口が指定が可能です。

④プレゼント配送が可能

宝くじのプレゼント用にギフト配送が可能です。


一番当たりやすい宝くじはどれか?

ジャンボ宝くじで1等が当たることは科学で解明されているのか?

宝くじに当たった人は人生変わったのか?高額当選者6人の使い道