EC担当者は知るべき!10%OFFと10%ポイント還元ではどっちが得?

ECサイトやSHOP運営で必ず出てくる話。運営者は実質割引率を理解しておこう。

計算のしかた

実際に支払った価値と得た価値を割合で表現し、1(100%)から引き算することで実質割引率を計算します

10%OFFの実質割引率

900円を支払い、1000円の商品を得る

支払った価値=900
実際に得た価値=1000

900÷1000=0.9

なので、実質割引率は 1 – 0.9 = 0.1

実質割引率は10%

10%ポイント還元の実質割引率

支払った価値=1000
実際に得た価値=1000+100

1000÷1100=0.909・・・ → 0.91とする

なので、実質割引率は 1 – 0.91 = 0.09

実質割引率は9%

なので「10%OFF」のほうがお得であると言える




20%OFFと10個につき2個サービスではどっちが得?

20%OFFの実質割引率

定価1000円のものを12個購入するとする

9600円を支払い、12000円の商品を得る

支払った価値=9600
実際に得た価値=12000

9600÷12000=0.8

なので、実質割引率は 1 – 0.8 = 0.2

実質割引率は20%

10個につき2個サービスの実質割引率

定価1000円のものを12個購入するとする

10000円を支払い、12000円の商品を得る

支払った価値=10000
実際に得た価値=12000

10000÷12000=0.833

なので、実質割引率は 1 – 0.833 = 0.167

実質割引率は17%

なので「20%OFF」のほうがお得であると言える




表記による数字のマジック

タウリン1000(mg)配合

タウリン1(g)と同じだが、たくさん入っているように見える。

ノンアルコールビール ALC0.00%

0ではなく、0.00とすることでアルコールはまったく0ということを強調している。

レモン1個分のビタミンC

ビタミンCが20(mg)より酸っぱいレモンのイメージでよりビタミンが入っているように感じる。

まとめ

キャッチコピー、バナーの形、ボタンの色、値段の付け方、ちょっとしたデザインや言い方により、売り上げが左右されるのは言うまでもない。商品の値引きは最後の手段として、商品の売り込みかたに一工夫してみてはいかがでしょうか。

ECサイト関連本はこちら

「シンプルに考える」がサイトリニューアルに役に立った

「売らない」から売れる!を読んでECサイトを見直す