【マジ!?】ビンゴ5に法則がある!?キスマイ玉森くんが当たった理論で攻略する。




2019年3月18日放送の「10万円でできるかな ゴールデン2時間スペシャル」でキスマイがビンゴ5に挑戦し、今度は玉森が2等を2枚、当せん金額50万1200円を当てた!!
キスマイ二階堂くんがロト6で100万円当てた攻略法。10万円買うと当たるのか?
そのときの当てた2枚は、「5足す理論」と「41理論」という法則で買われていた。その2つの法則で本当に当たるのか、過去の当選番号から検証してみた。

ビンゴ5とは


画像:宝くじオフィシャルサイト

今さら説明する必要もないと思うが、8個のマス目の中に記載された5個から1つだけ数字を選び、タテ、ヨコ、ナナメ多いと当せん金額が多くなるという宝くじだ。

画像:宝くじオフィシャルサイト

5足す理論とは

Aの枠が「1」だった場合、Bの枠は「1」に「5」を足して「6」
Bの枠が「6」だった場合、Cの枠は「6」に「5」を足して「11」
隣の枠の数字に5を足すという法則。

実際キスマイの玉森くんが当てた2等の2枚には5足す理論の数字が入っていたとか。

過去の当せん結果で検証する

画像:宝くじネット

赤枠が5足す理論で当たっているところ。
え!?こんなにあるの!?

・1番目の数字と2番目の数字に出現
・毎回、1、2か所出現
・3つ連続で当たることは少ない

予想数字に1か所もしくは2か所「5足す理論」を入れると良い。

41理論とは

隣の数字ではなくタテ、ヨコ、ナナメの数字を足して「41」にする法則
Aの枠が「1」だった場合、Hの枠は「40」足して「41」
Bの枠が「6」だった場合、Gの枠は「35」足して「41」

放送でも41理論で当せんしたものもあった。




過去の当せん結果で検証する

赤丸が41理論で当たっているところ。

・2回に1回程度出現する

5足す理論で決めた数字に41理論を組み合わせると良い

2つの法則を組み合わせると確率が上がる

通常の買い方だと
A~Hの8通りはすべて1/5なので、1/390625

確率は39万625分の1

5足す理論を2か所、41理論を1か所組み合わせる買い方だと

Aは「1」~「5」の中から決めるので1/5
Bは 5足す理論により数字は自動的に決定 1/1
Dは「16」~「20」の中から決めるので1/5
Eは 5足す理論により数字は自動的に決定 1/1
Fを「26」~「20」の中から決めるので1/5
Cは 41理論により数字は自動的に決定 1/1
Gは 5足す理論を使わないので5を足さない数字以外1/4
Hは 41足す理論を使わないので41になる数字以外1/4

AとDとFは1/5
GとHは1/4

なんと確率は2000分の1

キスマイの玉森くんも、この法則を信じて2等(6ライン)を2枚当てて、50万1200円。
キスマイ全メンバーでも合計70万円分の購入で67万6500円の当せんという快挙!!

この法則でビンゴ5を攻略しよう!

宝くじビンゴ5の当たる買い方はある?過去の当せん番号から予想して買ってみる