【まとめ】BIG、MEGA BIG、100円BIG、BIG1000、miniBIGの確率と当せん金額




スポーツくじBIGの種類にMEGA BIGが新発売したので、当せん条件や確率当せん金額をまとめました。

日本史上最高当せん金額12億円 MEGA BIGとは?


指定されたサッカー12試合の両チームの合計得点数を「1」~「4」をコンピューターがランダムで選択する
「1」= 1点以下
「2」= 2点
「3」= 3点
「4」= 4点以上

1口:300円

等級 当せん金額 確率
1等(12試合的中) 7億円(最高12億円) 1680万分の1
2等(1試合外れ) 1000万円 46万分の1
3等(2試合外れ) 8万5000円 2万8000分の1
4等(3試合外れ) 1万3000円 2824分の1
5等(4試合外れ) 3000円 418分の1
6等(5試合外れ) 800円 87分の1

※当せん金額は当せん口数により変動するので理論値です。

ちなみに2019年のJ1全試合306試合で

合計1点以下は80試合(26.1%)
合計2点は85試合(27.8%)
合計3点は63試合(20.6%)
合計4点以上は78試合(25.5%)

つまり「1」と「2」が当たりやすいということになるが、totoと違いコンピューターがランダムに決めるので選ぶことはできない。一つだけ分かっていることはキャリーオーバーの時を逃さないこと!!

キャリーオーバーとは?

前開催回から繰り越された配当金のこと。
キャリーオーバーがない回は、配当金額の80%(BIGの場合)を1等とするので、口数で割ったものが当せん金額となるが、最高は3億円。
キャリーオーバーがある回は、配当金額を口数で割ったものが当せん金額となるのは同じだが、最高は6億円になる。
つまり、キャリーオーバーが1円だったとしても、1等配当金が599,999,999円で当たりが1口だとしたら、当せん金額は6億円になる。

実際の例はこちら

第1048回BIGくじ結果
BIGは1等最大3億円だが、この回は当せん者が2口いるので2億2000万円に。

第1049回BIGくじ結果
こちらは当せん者が1口だが、キャリーオーバーがない回なので当せん金額は3億円となる。
繰り越し金があるので次回はキャリーオーバーとなる。

第1051回BIGくじ結果
キャリーオーバーがある回だが、当せん者がないのでさらに繰り越し金が増える。

第1056回BIGくじ結果
ついに大当たりが3口出る。キャリーオーバー時なので最大6億円となる。また繰り越し額が多いので3口とも6億円となる。

見比べて見ると、キャリーオーバー回は当たりの口数も多く人気があることがわかる。それでも当せん金が目減りしていないところが、キャリーオーバーの魅力だと思う。

最高6億円 BIGとは?

指定されたサッカー14試合の勝ち、負け、その他をコンピューターがランダムで選択する
「1」= 勝ち
「2」= 負け
「0」= その他(引き分け、延長)

1口:300円

等級 当せん金額 確率
1等(14試合的中) 3億円(最高6億円) 480万分の1
2等(1試合外れ) 200万円 17万分の1
3等(2試合外れ) 3万円 1万3000分の1
4等(3試合外れ) 7000円 1643分の1
5等(4試合外れ) 1300円 299分の1
6等(5試合外れ) 600円 75分の1

※当せん金額は当せん口数により変動するので理論値です。

<当せん例>
第1150回BIGくじ結果

480万分の1というと・・
1年間、東京ドームで行われる野球の試合を観戦した人の中から1名という確率。

確率が上がる場合もあるが・・
スポーツくじBIGで必ず確率が最大80倍に上がる。台風で試合中止はチャンス。

【リアル高額当せん】第1145回BIG 1等6億円 ヤッターマンさん

10年間、1500円~3000円(5口~10口)を買いたくなるときに買っていたとのこと。
毎月、新月と満月の日にお願い事を紙に書いて、お寺でお願いをし、またそのお寺の周りのお店でもお金を使うということをしていたとのこと。

100円が最高2億円に 100円BIGとは?

指定されたサッカー14試合の勝ち、負け、その他をコンピューターがランダムで選択する
「1」= 勝ち
「2」= 負け
「0」= その他(引き分け、延長)

1口:100円

等級 当せん金額 確率
1等(14試合的中) 1億円(最高2億円) 480万分の1
2等(1試合外れ) 85万円 17万分の1
3等(2試合外れ) 2万5000円 1万3000分の1
4等(3試合外れ) 3000円 1643分の1
5等(4試合外れ) 900円 299分の1

※当せん金額は当せん口数により変動するので理論値です。

<当せん例>
第1150回100円BIGくじ結果

確率はBIGと同じ。100円BIGには6等がない。当せん金額は変わるが1口100円という手軽さが人気。BIGと同じ金額分買えば、当たる確率も3倍になる。

【リアル高額当せん】第1129回100円BIG 1等3,267,881円 かんたさん

毎週3000円(30口)おまかせBIGで購入。3~4カ月で1等が当せん。毎週末仕事明けの楽しみに買っていたとのこと。

1000万円では高確率 BIG1000とは?

指定されたサッカー11試合の勝ち、負け、その他をコンピューターがランダムで選択する
「1」= 勝ち
「2」= 負け
「0」= その他(引き分け、延長)

1口:200円

等級 当せん金額 確率
1等(11試合的中) 1000万円 17万分の1
2等(1試合外れ) 10万円 8052分の1
3等(2試合外れ) 1万2000円 805分の1
4等(3試合外れ) 1300円 134分の1

※当せん金額は当せん口数により変動するので理論値です。

<当せん例>
第1147回BIG1000くじ結果

対象試合数が3試合少なく、BIGより27倍当たりやすいのが特徴。ジャンボ宝くじの2等1000万円は確率666万分の1、3等100円でも確率20万分の1。それに比べれば1口200円で17万分の1は夢がある数字か。

【リアル高額当せん】第1141回BIG1000 1等13,356,000円 Kさん

おまかせBIGで8000円(40口)を買い続けたとのこと。

手堅く100万円を狙え miniBIGとは?

指定されたサッカー9試合の勝ち、負け、その他をコンピューターがランダムで選択する
「1」= 勝ち
「2」= 負け
「0」= その他(引き分け、延長)

1口:200円

等級 当せん金額 確率
1等(9試合的中) 100万円 19,683分の1
2等(1試合外れ) 2万2000円 1094分の1
3等(2試合外れ) 4000円 137分の1

※当せん金額は当せん口数により変動するので理論値です。

当せん例
第1151回miniBIGくじ結果

100万円スクラッチの1等100万円は確率12万5000分の1。断然miniBIGで100万円を狙ったほうが得。実際3等を当てたこともあり、かなり当たりやすいという印象。しかも3等の配当比率が高く何度でも挑戦したくなる。

【リアル高額当せん】第1141回miniBIG 1等1,395,360円 こんささん

毎週5000円(25口)買っていたとのこと。

BIGはネット購入が便利!ポイントもついてお得!

楽天銀行・楽天カードを持っている → 楽天toto
楽天以外のカードは持っている。 → Club toto