【15000円得する】デジタルビデオカメラにモバイルバッテリーが最強

持っていたデジタルビデオカメラのタッチパネルが故障して、それでもどうにか使っていたけど、昨年秋に子供の運動会用に買い換えました。
前のビデオカメラに、なにも不満もなく、また新たに求める機能もなかったのでビデオカメラ選びに悩みました。
最終的にパナソニックのデジタルビデオカメラV360Mを買ったのですが、これにはたった1つの理由があったからです。

人気のビデオカメラから探してみる

まず、価格.comなどを見ました。
売れ筋ランキング、注目ランキング、満足度ランキング。
だいたい30000円~45000円のものが並んでいました。
SONY、パナソニック、JVC、CANON。
機能は正直どれも同じに感じました。
軽さとかズーム倍率、手ぶれ補正、どれも似たりよったり、形もほぼ同じ。

どうする?

キャノンのオンラインショップを見て気づく

なんとなく、キャノンのオンラインショップは、必要なものがセットになっていて、得だなあと思って見ていました。
デジタルビデオ本体の他に予備バッテリーやSDカード、一脚やケースまで、選べるようになっていて親切!
本体だけじゃ1時間30分くらいしかもたないから、ビデオの予備バッテリーは絶対必要!!
でもビデオ本体3万円に対して1万円くらいするから、やっぱりセットじゃないと、、、、、

あれ?

予備バッテリーは必要だけど高いな。
専用予備バッテリーじゃないとダメかな?
いまどきスマホもタブレットもモバイルバッテリーじゃね?

ビデオカメラにはモバイルバッテリーでいいんじゃない

早速ネットで調べたら、どーもビデオカメラの出力電圧とモバイルバッテリーの出力電流があえば使えるっぽい。
予備バッテリーは必要ないかもと知った私は、キャノンオンラインを離れ、パナソニックのデジタルビデオカメラV360Mにたどり着いてました。
主な仕様のページで、電源の項目へ。
こう記載がありました。DC3.6V/5.0V(バッテリー/ACアダプター)
つまり、モバイルバッテリーの出力電流が5.0Vのものであれば、アダプターから充電できる!
いや、実際には2.1V出力端子でもできるらしい。
しかもACアダプターはUSBで接続できることも確認。
Amazonで、安くて大容量で軽いモバイルバッテリーを探してAnker PowerCore 10000を購入!

正常に動作しています


ちなみパナソニックのデジタルビデオカメラV360Mの場合
標準バッテリーVW-VBT190-Kは価格10000円 1940mAhで1時間55分撮影可能
予備バッテリーVW-VBT380-Kは価格15000円 3880mAhで3時間55分撮影可能
モバイルバッテリーAnkerPowerCore10000は価格2299円 10000mAhで9時間以上撮影可能

圧倒的コストパフォーマンス!!

これからデジタルビデオの購入を検討している方、予備バッテリーの購入を検討している方。
モバイルバッテリーで十分ですよ!